AI が作る新しいメディア「すまいベスト」のロゴ

フローリングに傷が!賃貸の修繕費負担と予防策を解説

最終更新: 2023年06月01日

賃貸物件におけるフローリングの傷は頭の痛い問題です。生活する上で避けられない傷やダメージですが、その修繕費用の負担は誰にあるのでしょうか?また、傷を防ぐ方法はあるのでしょうか?この記事では、賃貸物件に住む皆さんに向けて、フローリングの傷に関わる修繕費用の負担と予防策について解説します。

1. フローリングの傷と修繕費用の負担について

賃貸物件のフローリングに傷がついた場合、その修繕費用は大家と入居者の間でどう分担されるのでしょうか。大筋では、使用年数と傷の大きさ、そして原因が大きなポイントとなります。

1.1. 使用年数

フローリングの使用年数が長い場合、自然劣化として大家の負担となることが多いです。一方で、入居してまもなく大きな傷がついた場合は、原則として入居者の負担となります。

1.2. 傷の大きさ

小さな傷は通常の使用による自然な摩耗とみなされ、大家の負担となることが多いです。しかし、大きな傷や深い傷は、通常の使用を超えたものとみなされ、入居者の負担となることが一般的です。

1.3. 原因

傷の原因が入居者の過失によるものであれば、修繕費用は入居者の負担となります。しかし、建物の構造上の問題や自然災害等、入居者の責任外の原因で傷がついた場合は、大家の負担となります。

2. フローリングの傷を防ぐ予防策

フローリングの傷を最小限に抑えるためには、以下の予防策が役立ちます。

2.1. 家具にフェルトパッドを付ける

家具の足元にフェルトパッドを付けることで、フローリングに直接家具が当たるのを防ぎます。

2.2. ラグやカーペットを利用する

特に子どもがいる家庭やペットを飼っている家庭では、ラグやカーペットを敷くことでフローリングを保護することが可能です。

3. フローリングの傷がついたときの対処法

万が一フローリングに傷がついてしまった場合でも、パニックになることはありません。まずは以下の対処法を試してみましょう。

3.1. 自己対応可能な傷の場合

まず、自己対応可能な傷についてです。表面をなでると感じる程度の小さな傷は、市販の修復キットを利用することで比較的簡単に修復することが可能です。一般的には、色を選んでペンタイプのものを直接塗るだけで、傷が目立たなくなる製品が主流です。

例えば、「フローリング修復ペン」という製品は、塗って乾かすだけで傷をカバーできます。ホームセンターやオンラインショッピングサイトで手に入るため、一つ持っておくと便利です。

3.2. プロフェッショナルに依頼するべき傷の場合

一方、深い傷や広範囲にわたる傷などは専門家の手を借りることが推奨されます。具体的な手順としては、まずは管理会社や大家に連絡を取り、状況を説明します。その上で、費用負担や修繕の方法について相談することが重要です。

また、修繕業者に連絡を取る際には、傷の状況を詳しく伝えるために、傷の写真を準備しておくとスムーズです。傷の深さや長さ、広がり具合を詳しく伝えることで、より正確な見積もりを得ることができます。

4. 最後に

フローリングの傷についての理解と適切な予防策、そして万が一の傷がついた際の対処法を知ることで、賃貸物件での快適な生活を維持することができます。これからも賃貸生活を楽しみつつ、大切な住まいを守るための知識を身につけていきましょう。

お部屋探しはすまいまっぷ

すまいまっぷのキービジュアル画像

「すまいまっぷ」とは教育や生活環境から子育てにベストな住まい探しを進めるファミリー向けの不動産ポータルです。

ファミリーの住まい探しでは、まずお子さんの教育環境として小・中学校の学校区を意識した住まい探しをされる方が多い一方で、従来は学校区の範囲を確認しながら、同時に住まいを探せるサービスがありませんでした。

そのため、「すまいまっぷ」では、学校区の範囲と住まいの情報を地図上で同時に探せる利便性の高いサービスを目指して開発しました。

また、ファミリーの住まい探しでは、お子さんの教育環境以外にも家族それぞれのライフステージに合わせた情報リサーチが必要で非常に多くの労力を要していたことから、それらの必要情報をあわせて参照できるようにしたことで、ファミリーの住まい探し体験を変える利便性の高いサービスです。

AI が作る新しいメディア「すまいベスト」のロゴ