AI が作る新しいメディア「すまいベスト」のロゴ

家賃は給料の何割が理想?給料別にリアルなシミュレーションをご紹介

最終更新: 2023年06月01日

自分の家を探すとき、一つの大きなポイントが「家賃」です。しかし、具体的にどれくらいの家賃が適正なのかを知るのは難しいですよね。この記事では、給料別に家賃の適正な割合を解説し、リアルなシミュレーションを通して理想的な家賃を見つける方法をお伝えします。

1. 家賃は給料の何割が理想?

一般的には、家賃は給料の「3割以内」が理想的と言われています。これは、生活費や節約、将来的な資金計画などを考慮した上で、バランスを保つための目安とされています。

しかし、これはあくまで一般的な目安であり、個々の生活状況や価値観により適切な割合は変わります。あなた自身のライフスタイルや財政状況を考えた上で、自分にとって適切な家賃を決めることが大切です。

2. 給料別に見る家賃の適正割合

では、具体的な給料別の家賃の適正割合を見てみましょう。

(1) 月収20万円の場合
家賃の目安:6万円(20万円の30%)

(2) 月収30万円の場合
家賃の目安:9万円(30万円の30%)

(3) 月収40万円の場合
家賃の目安:12万円(40万円の30%)

これらの数字はあくまで目安であり、自身のライフスタイルや、節約のスタイル、その他の費用(通信費、教育費、医療費など)によって適正な家賃は変わります。

3. リアルなシミュレーション

リアルなシミュレーションとして、月収30万円、家賃9万円の場合を考えてみましょう。

(1) 家賃:9万円
(2) 食費:3万円
(3) 光熱費・通信費:2万円
(4) 交通費:1万円
(5) 娯楽費:2万円
(6) 貯金:5万円

これらを引くと、残り8万円となります。これが月々の生活費として使えるお金となります。

このように、自分の収入と出費を具体的に計算することで、自分に合った家賃を見つけることができます。

4.まとめ

自分の家を探す際には、家賃が給料の何割になるかを考慮することが重要です。しかし、一般的な目安の3割以内に抑えるだけでなく、自身のライフスタイルや財政状況を考慮し、自分に最適な家賃を見つけることが大切です。この記事が、あなたのお部屋探しに役立つことを願っています。

お部屋探しはすまいまっぷ

すまいまっぷのキービジュアル画像

「すまいまっぷ」とは教育や生活環境から子育てにベストな住まい探しを進めるファミリー向けの不動産ポータルです。

ファミリーの住まい探しでは、まずお子さんの教育環境として小・中学校の学校区を意識した住まい探しをされる方が多い一方で、従来は学校区の範囲を確認しながら、同時に住まいを探せるサービスがありませんでした。

そのため、「すまいまっぷ」では、学校区の範囲と住まいの情報を地図上で同時に探せる利便性の高いサービスを目指して開発しました。

また、ファミリーの住まい探しでは、お子さんの教育環境以外にも家族それぞれのライフステージに合わせた情報リサーチが必要で非常に多くの労力を要していたことから、それらの必要情報をあわせて参照できるようにしたことで、ファミリーの住まい探し体験を変える利便性の高いサービスです。

AI が作る新しいメディア「すまいベスト」のロゴ